初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所

2020年…なぜプログラミング必修化なのか?10年では消えない職業…

巷で話題の2020年の小学校プログラミング必修化ですが、そもそもなぜ今これを政府は行おうとしているのでしょうか?ちなみに中学校では2012年度の学習指導要領改訂で一足先に技術家庭の中で必修となっています。先日、話題にした2030年には日本の総労働人口の49%がAIやロボットによって代替が可能になるというお話ですが、これにはまだ少し続きがあるのです。

野村総研さんのおっしゃることを素直に理解すれば、2030年には純粋に技術的にほぼ半数の労働者がいらなくなるということになってしまいます。確かにこれは衝撃的です。しかし、一方で決定的に不足する人材がいるということを経済産業省が明らかにしているのです。それがwebエンジニアをはじめとするIT人材です。この調査結果によれば2020年に36.9万人、2030年には78.9万人もの労働力が不足すると予想されています。労働人口の49%が技術的にはいらない(法律などで守らなければ雇用を維持できない)とする一方でこれだけの雇用を生み出す可能性があるのがIT産業だというのです。なお、これは経済産業省の『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』にまとめられています。

しかし、プログラミングという代物は一朝一夕に身につくものではないため、この分野の教育の早期化が緊急の問題となっているわけです。ちなみに、この流れの先駆けとなったのが、イスラエルです。なんと2000年に高校での必修化を断行し、現在ではアメリカNASDAQの上場数はヨーロッパやわが国とはもはや一桁違います。負けじとこの数年でイギリス(5歳)、オーストラリア(8歳)、フィンランド(7歳)で立て続けに必修化に舵を切り始めています。わが国と同様に中国やカナダも追随の構えを見せています。

もちろん全員がプログラマーになる必要なんてありません。遊びを通してその基礎を浅くでも知っておくことは重要です。わたしの父親の世代は、ひとつの会社の中でソロバン派や電卓派とパソコン派が経理部あたりで普通に争っていました。今日では、経理と何の関係もない営業ですら、ワードやエクセルが使えねば話にならないのですから。

と…いうわけで、無料でお子様のプログラミングへの扉を開くワークショップいかがでしょうか( ´艸`)Facebookを立ち上げたザッカーバーグさんには一日ではなれませんが、ロボットに「走れ!」、「止まれ!」、「走れ!そしてタイヤを何回転回してから止まれ!」はできるようになることでしょう!千里の道も一歩から。お待ちいたしております。

詳細はコチラ♪

結局、宣伝で申し訳ございません。

初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所
2014年、イギリスの最高学府の一角であ ...
続きを読む
初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所
巷で話題の2020年の小学校プログラミン ...
続きを読む

このたびは、ロボキッズ養成所に関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
無料体験のご予約を希望される方はこちらのフォームからも予約が可能です。
ご質問のかたはお問い合わせ事項にご記入の上、“送信する”ボタンを押してください。
スマホなどからご覧のかたはこちらをタップで通話料無料でお問い合わせができます。
併せてご利用ください。

参加希望日(ご希望の場合)
3/18(日)

参加希望時間(ご希望の場合)