初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所

AIに仕事が奪われる未来。中学生の7割は不安を抱える。

2014年、イギリスの最高学府の一角であるオクスフォード大学が、10年でなくなる702業種を発表し、世界を震撼させました。ロボットによる労働の普及は、人間の職業を奪う…という事実は、人々の関心を大いに揺り起こしました。その後の2015年、わが国の野村総研は、2030年には技術的には日本の労働人口の実に49%がロボットやAIによって代替可能となるとの研究結果を公表します。もう10年足らずでそのような時代が、この日本にも押し寄せてくるのでしょうか?

これらの衝撃は、2年後の今日、中学生の動揺も誘っているようです。パンタグラフが6月15日公表したアンケート結果では、実に68.09%の中学生がロボットの発達による就職への不安を感じていると回答しました。これは、彼らが30代の手前…ようやく社会の中核としてひとり立ちするころに2030年を迎えることとリンクしているように思えます。

しかし、AI・ロボットとは言え、機械には変わりありません。それらは元になるプログラムがあって動くのです。もしかしたら、ディープラーニングによって機械が機械を産み出すような時代になっている可能性もありますが、まだまだ人間の手がその調整には必要なはずです!その時、自分の子にプログラミングの適性があったら…。

などと、深刻に考える私の頭の中ではシュワちゃんの“ターミネーター”のテーマが鳴り響いています( ´艸`)遠い目をしながら、お子さまと人類の未来について思いを馳せる「無料ワークショップ」いかがでしょうか?ディープラーニングのできるAIは作れませんが、「走れ!」、「止まれ!」、「走れ!そしてタイヤを何回転させてから止まれ!」をロボットに命じるプチ・ロボットマスターにはたった1日でなれるかも。もちろん、無料で。そして、この経験でお子様のロボットやモノづくりへの関心が高めるよいキッカケになれば何よりです。ぜひ奮ってお運びください。定員は各回4名まです。

詳細はコチラ♪

結局、宣伝で申し訳ございません。

初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所
2014年、イギリスの最高学府の一角であ ...
続きを読む
初月無料のロボット教室/ロボキッズ養成所
巷で話題の2020年の小学校プログラミン ...
続きを読む

このたびは、ロボキッズ養成所に関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
無料体験のご予約を希望される方はこちらのフォームからも予約が可能です。
ご質問のかたはお問い合わせ事項にご記入の上、“送信する”ボタンを押してください。
スマホなどからご覧のかたはこちらをタップで通話料無料でお問い合わせができます。
併せてご利用ください。

参加希望日(ご希望の場合)
3/18(日)

参加希望時間(ご希望の場合)